小児眼科

小児の視力について

 お子さまの視力は、生まれてからものを見ることで発達します。生後すぐの赤ちゃんの視力は0.01程度ですが、3歳で0.6くらいまで発達し、6歳にはだいたい大人と同じくらいまで成長します。この発達過程でピントがあっていなかったり、目の位置がずれていたりすると、視力やものを立体的に見る力(両眼視機能)の発達に異常をきたすことがあります。
 お子さまの視力や目の異常は外見ではわかりにくく、自分で訴えることもできないため、見過ごされやすいのが現状です。

 

 

小児の目の病気について

 お子さまの目の病気で代表的なものは、近視・遠視・乱視などの屈折異常や、内斜視、外斜視などの斜視、および弱視があります。
これらの病気については、早期発見と早期治療が重要であり、治療時期が早ければ早いほど、最終的に良好な治療結果が得られます。

屈折異常

近視

 近視とは、近くのものを見るときにはピントが合いますが、遠くのものはピントが合わずぼやけて見える状態です。近視の程度によりピントが合う場所が異なります。

*お子さまの近視について
 近年とくに近視発症の若年齢化が問題視されています。遺伝的な要素が主な原因とされていますが、環境因子も関与しています。たとえば、外遊びの時間が減り、近くをみること(テレビ、パソコン、ゲーム、読書、勉強など)が増えた生活スタイルも影響しているでしょう。
 若い方は目(ピント)の調節力が強いため、あらかじめ調節力を抑える点眼をしてから視力検査を行うなど、充分に時間をとって検査をします。その上で必要であれば眼鏡を処方しています。

遠視

 遠視とは、遠くにも近くにもピントが合わない状態ですが、小さいお子さまの場合は調節力が強く、遠視があってもピントを合わせられることも多くあります。ただし強度の遠視では視力の低下、目の疲れ、場合によっては斜視を伴うことがあります。

乱視

 乱視は眼球(おもに角膜)のゆがみにより生じるもので、ものの距離に関係なくピントが合わなくなり、全体的にぼやけて見えるようになります。

 これらの屈折異常にたいする治療法として、調節麻痺薬(サイプレジンやアトロピン点眼)を使用した精密検査をおこなった上で、適正な眼鏡処方をおこないます。

斜視

 斜視とは、片方の目が内側や外側、または上下など目標と違う方向をむいている状態です。目を動かす筋肉や神経の異常や、遠視などが原因のこともありますが、斜視の多くは原因がわかっていません。
斜視には、片方の目が外を向く外斜視、内側を向く内斜視、上下が一致しない上斜視、下斜視があります。また時々斜視になる間欠性斜視と、常に斜視である恒常性斜視があります。

 斜視の治療は、タイプや年齢によって異なりますが、屈折異常(近視・遠視・乱視)がある場合は適切な眼鏡を処方します。プリズムという、光を一定方向に曲げる作用のある特殊なシートやレンズを使用することもあります。
眼鏡を装用しても改善しない場合や、屈折異常が関係していない斜視では手術をおこなう場合があります。
 乳児内斜視は、生後6か月以内に発症した内斜視のことをいい、眼位をまっすぐにするためには斜視手術が必要なことが多いため、早期にみつけて治療を行う必要があります。
 斜視の手術は目を動かす筋肉の位置を移動するもので、お子さまの場合は全身麻酔が必要です。この際は提携している医療機関を紹介させていただきます。

* 偽内斜視とは
 まだ鼻が低い乳児期には目頭の皮膚が白目の内側をかくすために内斜視に見えることがありますが、これは偽内斜視とよばれ、見かけ上のもので心配はありません。ただしご家庭では判断が難しいので眼科でご相談いただくことをお勧めします。

弱視

 弱視とは眼鏡などで矯正をしても視力が出ない状態です。原因として、視力が発達する過程で、強い屈折異常や斜視がある、またはその他の目の異常があり、発達がさまたげられておこります。
弱視には下記のようなものがあります。

屈折異常弱視

 強い屈折異常(遠視・近視・乱視)があり、目のピントが合わないために視力が成長できずにおこります。一番多いのは遠視によるものです。治療としては調節麻痺薬(サイプレジンやアトロピン点眼)を使用した精密検査をおこなった上で、適正な眼鏡処方をおこないます。

不同視弱視

 屈折異常(遠視・近視・乱視)に左右差があるためにおこる片眼性の視力障害です。治療としてまずは適正な眼鏡を装用していただき、場合によっては健眼遮閉(アイパッチ)を併用します。

斜視弱視

 斜視があるためにおこる弱視です。斜視がある方の目では網膜の中心部分でものを見ていないため、視力が成長せずに弱視になります。治療としては屈折矯正(眼鏡)や健眼遮閉(アイパッチ)を行います。斜視手術が必要な場合、弱視を治療してから行います。

形態覚遮断弱視

 乳幼児期に先天性白内障や眼瞼腫瘤などがあり、片方の目を使わない(形態覚遮断)期間があることでおこる弱視です。治療としては、白内障手術や眼瞼腫瘤縮小の治療など、形態覚遮断の原因疾患を治療します。先天性眼瞼下垂症のお子さまでは、顎を上げて見るため形態覚遮断弱視にはなることはまれですが、屈折異常などによる弱視のリスクはあるため、定期検査が必要です。

 

 

当院の小児眼科診療について

次のような症状がある場合は、早めに眼科でご相談ください。

  • 瞳の中が白い
  • 眼が揺れる、視線が定まらない
  • 瞳の位置、方向に違和感がある
  • ものを見づらそうにしている
  • 目を細めてものを見ている
  • テレビ番組を見るときに、テレビの近くで見ている
  • 首を斜めにしてものを見ている
  • 学校の健康診断で目の異常を指摘された

 当院では視能訓練士という国家資格を有する専門スタッフが常勤しておりますので、充分時間をかけて、丁寧に検査を行います。
また、毎週月曜日の午後は小児眼科の専門医(女性医師、東京大学と順天堂大学の小児眼科・斜視外来担当医)が担当し、とくに専門的な診療を行っております。斜視や弱視などで特別な治療や手術が必要となった際は、提携医療機関にて治療をおこないます。

 お子さまの緊張や不安を取りのぞくように、医師やスタッフが配慮し、「こわくない」「笑顔で帰れる」診療を心がけております。どうぞ安心してご来院ください。

 

 

お子さまの近視について

近年とくに近視発症の若年齢化が問題視されています。遺伝的な要素が主な原因とされていますが、環境因子も関与しています。たとえば、外遊びの時間が減り、近くをみること(テレビ、パソコン、ゲーム、読書、勉強など)が増えた生活スタイルも影響しているでしょう。
若い方は目の調節力が強いため、あらかじめ調節力を抑える点眼をしてから視力検査を行うなど、充分に時間をとって検査をします。その上で必要であれば眼鏡を処方しています。

 

 

その他の目の病気

流行性角結膜炎・咽頭結膜熱

 はやり目と言われ、アデノウィルスによる目の感染症です。夏場に多く、目やにや充血がみられます。感染力が強いため、炎症がおさまるまで登園・登校が禁止となります。プールで感染するものもあります(咽頭結膜熱・プール熱)。

先天性鼻涙管閉塞症

 涙の通り道である鼻涙管が鼻の方に正常に開通せず、涙があふれたり、目やにがでる病気です。
先天性鼻涙管閉塞症が疑われるお子さまには、まず涙管通水検査(生理食塩水を涙点から流して水が通るか確認する)をいたします。
 自然に開放する場合もあり、数回はこの通水検査や点眼治療などで経過をみますが、閉塞したままの場合は「鼻涙管閉塞開放術」という手術をご提案しています。
 これは涙点からごく細い針金(ブジー針)を鼻涙管に差し込んで、涙の通り道を作る治療法です。この治療は当院でも行っています。

睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)

 いわゆる「逆さまつ毛」のことです。程度が強いと眼球に睫毛(まつげ)が触れて傷つくおそれがあります。成長とともに自然に改善することも多いですが、傷がある場合は点眼治療を行います。重度の場合は手術が必要なこともありますので、その際は提携医療機関に紹介をさせていただきます。

たまプラーザ南口眼科
  • 診療時間9:30~12:30/14:30~17:30休診日氺曜・土曜午後・日曜・祝日※土曜は13:00まで診療045-911-5757
  • アクセス・診療時間
  • top_spimg_20.png
  • アクセス診療時間