医院ブログ

2018.01.29更新

そろそろスギ花粉症の時期となりますね。

スギ花粉は通常バレンタインデーの付近から飛散が増えて、「目のかゆみ」「目やに」「涙がでる」などの目の症状や、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻炎症状が出現します。症状は両方の場合も、目や鼻どちらかの症状が主体の場合もあります。

コンタクトを装用されている方は、この時期は目の症状でなかなか装用ができなくなります。

これら花粉症の症状は、早めの治療開始により軽減することが期待されます。

目の症状の場合は、バレンタインデーより2週間ほど前より、つまり2月に入ったらすぐに「抗アレルギー剤」の点眼治療を開始すると、症状をある程度抑えることができるのです。

通常は自覚症状がでるまではなかなか目薬をしないかもしれませんが、今年は早めに治療をはじめてみませんか?

当院では患者さまの症状に合わせて、点眼薬を選択し、時に組み合わせて処方します。

毎年の花粉症にお悩みの患者さまがいらっしゃいましたら、早めにご相談ください。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.29更新

そろそろスギ花粉症の時期となりますね。

スギ花粉は通常バレンタインデーの付近から飛散が増えて、「目のかゆみ」「目やに」「涙がでる」などの目の症状や、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻炎症状が出現します。症状は両方の場合も、目や鼻どちらかの症状が主体の場合もあります。

コンタクトを装用されている方は、この時期は目の症状でなかなか装用ができなくなります。

これら花粉症の症状は、早めの治療開始により軽減することが期待されます。

目の症状の場合は、バレンタインデーより2週間ほど前より、つまり2月に入ったらすぐに「抗アレルギー剤」の点眼治療を開始すると、症状をある程度抑えることができるのです。

通常は自覚症状がでるまではなかなか目薬をしないかもしれませんが、今年は早めに治療をはじめてみませんか?

当院では患者さまの症状に合わせて、点眼薬を選択し、時に組み合わせて処方します。

毎年の花粉症にお悩みの患者さまがいらっしゃいましたら、早めにご相談ください。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.29更新

そろそろスギ花粉症の時期となりますね。

スギ花粉は通常バレンタインデーの付近から飛散が増えて、「目のかゆみ」「目やに」「涙がでる」などの目の症状や、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻炎症状が出現します。症状は両方の場合も、目や鼻どちらかの症状が主体の場合もあります。

コンタクトを装用されている方は、この時期は目の症状でなかなか装用ができなくなります。

これら花粉症の症状は、早めの治療開始により軽減することが期待されます。

目の症状の場合は、バレンタインデーより2週間ほど前より、つまり2月に入ったらすぐに「抗アレルギー剤」の点眼治療を開始すると、症状をある程度抑えることができるのです。

通常は自覚症状がでるまではなかなか目薬をしないかもしれませんが、今年は早めに治療をはじめてみませんか?

当院では患者さまの症状に合わせて、点眼薬を選択し、時に組み合わせて処方します。

毎年の花粉症にお悩みの患者さまがいらっしゃいましたら、早めにご相談ください。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.29更新

そろそろスギ花粉症の時期となりますね。

スギ花粉は通常バレンタインデーの付近から飛散が増えて、「目のかゆみ」「目やに」「涙がでる」などの目の症状や、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻炎症状が出現します。症状は両方の場合も、目や鼻どちらかの症状が主体の場合もあります。

コンタクトを装用されている方は、この時期は目の症状でなかなか装用ができなくなります。

これら花粉症の症状は、早めの治療開始により軽減することが期待されます。

目の症状の場合は、バレンタインデーより2週間ほど前より、つまり2月に入ったらすぐに「抗アレルギー剤」の点眼治療を開始すると、症状をある程度抑えることができるのです。

通常は自覚症状がでるまではなかなか目薬をしないかもしれませんが、今年は早めに治療をはじめてみませんか?

当院では患者さまの症状に合わせて、点眼薬を選択し、時に組み合わせて処方します。

毎年の花粉症にお悩みの患者さまがいらっしゃいましたら、早めにご相談ください。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.29更新

そろそろスギ花粉症の時期となりますね。

スギ花粉は通常バレンタインデーの付近から飛散が増えて、「目のかゆみ」「目やに」「涙がでる」などの目の症状や、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻炎症状が出現します。症状は両方の場合も、目や鼻どちらかの症状が主体の場合もあります。

コンタクトを装用されている方は、この時期は目の症状でなかなか装用ができなくなります。

これら花粉症の症状は、早めの治療開始により軽減することが期待されます。

目の症状の場合は、バレンタインデーより2週間ほど前より、つまり2月に入ったらすぐに「抗アレルギー剤」の点眼治療を開始すると、症状をある程度抑えることができるのです。

通常は自覚症状がでるまではなかなか目薬をしないかもしれませんが、今年は早めに治療をはじめてみませんか?

当院では患者さまの症状に合わせて、点眼薬を選択し、時に組み合わせて処方します。

毎年の花粉症にお悩みの患者さまがいらっしゃいましたら、早めにご相談ください。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.29更新

そろそろスギ花粉症の時期となりますね。

スギ花粉は通常バレンタインデーの付近から飛散が増えて、「目のかゆみ」「目やに」「涙がでる」などの目の症状や、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻炎症状が出現します。症状は両方の場合も、目や鼻どちらかの症状が主体の場合もあります。

コンタクトを装用されている方は、この時期は目の症状でなかなか装用ができなくなります。

これら花粉症の症状は、早めの治療開始により軽減することが期待されます。

目の症状の場合は、バレンタインデーより2週間ほど前より、つまり2月に入ったらすぐに「抗アレルギー剤」の点眼治療を開始すると、症状をある程度抑えることができるのです。

通常は自覚症状がでるまではなかなか目薬をしないかもしれませんが、今年は早めに治療をはじめてみませんか?

当院では患者さまの症状に合わせて、点眼薬を選択し、時に組み合わせて処方します。

毎年の花粉症にお悩みの患者さまがいらっしゃいましたら、早めにご相談ください。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.22更新

早いもので一月も下旬になりましたね。

毎日寒い日が続いていますが、皆さんは体調など崩されてはいないでしょうか?

今日は、関東地方でも大雪予報が出ており、昼前から既にパラパラと降ってきていましたsnow夕方から夜にかけてひどくなるとの事汗

皆さん、くれぐれも外出時には気を付けて下さいね。

スタッフY

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.16更新

年が明けてあっという間に半月が過ぎ、寒さと乾燥の気になる季節となりましたね。

我が家では、寝室にアロマディフューザーを置いて乾燥対策をしています。

湿度を保てることはもちろん、香りに癒されて気分もリフレッシュできますよglitter3

お部屋を加湿するとドライアイにも効果がありますので、

皆様も良ければ試してみてくださいねnico

 

スタッフN

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.09更新

新年あけましておめでとうございます。 開院しまして3度目のお正月を迎えることができました。

これも地域の患者さまに温かく迎えていただき、当院を信頼して通院していただいているおかげであり、心より感謝を申し上げます。

これからも患者さまを中心とした、地域に根ざした診療を行ってまいりたいと思いますので、目でお困りのことがございましたらどうぞご相談ください。

当院では目と全身疾患(糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病)の関連を重視し、近隣の医療機関と連携しながら、眼底の病気を特に専門的に診療しております。生活習慣病に伴う眼底疾患は自覚症状に乏しく、発見された時にはかなり重篤になっている場合もございます。見え方に問題がなくても、半年〜1年に一度は目のチェックを心がけてください。

また視能訓練士が在籍しておりますので、お子さまの目の疾患(視力低下、斜視、弱視など)の診療も行っております。 スタッフ一同、丁寧で温かい雰囲気づくりを心がけておりますので、安心してご来院ください。

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.01.09更新

新年あけましておめでとうございます。 開院しまして3度目のお正月を迎えることができました。

これも地域の患者さまに温かく迎えていただき、当院を信頼して通院していただいているおかげであり、心より感謝を申し上げます。

これからも患者さまを中心とした、地域に根ざした診療を行ってまいりたいと思いますので、目でお困りのことがございましたらどうぞご相談ください。

当院では目と全身疾患(糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病)の関連を重視し、近隣の医療機関と連携しながら、眼底の病気を特に専門的に診療しております。生活習慣病に伴う眼底疾患は自覚症状に乏しく、発見された時にはかなり重篤になっている場合もございます。見え方に問題がなくても、半年〜1年に一度は目のチェックを心がけてください。

また視能訓練士が在籍しておりますので、お子さまの目の疾患(視力低下、斜視、弱視など)の診療も行っております。 スタッフ一同、丁寧で温かい雰囲気づくりを心がけておりますので、安心してご来院ください。

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

たまプラーザ南口眼科
  • 診療時間9:30~12:30/14:30~17:30休診日氺曜・土曜午後・日曜・祝日※土曜は13:00まで診療045-911-5757
  • アクセス・診療時間
  • top_spimg_20.png
  • アクセス診療時間