医院ブログ

2022.01.04更新

新年明けましておめでとうございます。

当院はたまプラーザ南口に開院させていただき7年目の年に入りました。

今後も地域の皆さまのニーズに沿った眼科診療を行ってまいりたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


さて、年明けは「子どもの近視」についてお話したいと思います。


近年子どもの近視の発症が若年化し、程度も強くなっていることが世界的に問題になっています。

特にコロナ禍において、ステイホームにより外で遊ばなくなり、ゲームなどの近業が増えたことも近視進行に影響してくると考えられます。

近視が発症する原因としては遺伝要因と環境要因が関連していると言われています。

環境要因としては近業の増加や屋外活動の減少が指摘されています。

近視の進行を防ぐのにまず大事なことは生活環境の改善です。

近業作業をする際は姿勢を正し、目から対象物までの距離を30cm以上離して、20~30分に一度は遠くを見て目を休めること、1日2時間以上は屋外活動をすることが推奨されています。


また近視の進行を抑制するものとして、これまでさまざまな研究がおこなわれていますが、有効性や安全性にエビデンスが得られている治療法は限られています。

詳しくはホームページ上の「小児眼科」から「近視進行抑制治療について」をご参照ください。


当院では進行抑制治療のうち、低濃度アトロピン点眼治療と多焦点ソフトコンタクトレンズ治療を取り入れています。

低濃度アトロピン点眼は毎日夜寝る前に1回点眼していただくものです。こちらは自費診療となりますので、保険診療とは異なる日に検査と点眼処方を行います。

多焦点ソフトコンタクトレンズとしては、拡張焦点深度型の多焦点ソフトコンタクトレンズである、シード1day Pure EDOFを採用しています。

コンタクトレンズは日中装用していただきますが、自己管理のできる年齢からの開始となりますので、当院では小学校高学年からとさせていただいております。

なお点眼治療とコンタクトレンズの併用療法も行っています。

併用することにより強い近視抑制効果が期待されています。


ご希望のある患者さまはまずは一度受診していただきご相談ください。


院長 酒田久美

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.12.23更新

早いものでもうすぐ年の瀬、慌ただしい季節となってまいりました。


新型コロナウィルスとの戦いは一旦は落ち着いていましたが、新しい変異株により今後も再度感染が拡大する可能性もあり、これからも感染対策を徹底した生活を継続する必要があります。

 

当院でも様々な感染対策をおこなっておりますが、これにつきましてはホームページ上の「新着情報」から「新型コロナウィルス感染防止対策について」をご覧ください。

 

さて前回は「患者さまの利便性向上のための取り組み」としてWEB予約を開始いたしましたが、今回は第二弾として、キャッシュレス決済を導入することになりましたので、これについてご案内いたします。

 

当院ではこれまで現金のみでのお家計をお願いしておりましたが、患者さまのニーズや利便性、そして感染対策の上でも大変重要と考え、今後各種クレジットカードや電子マネー、QRコード決済といった複数の決済方法に対応することといたします。


今後も患者さまにとってお通いになりやすい取り組みを進めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

院長 酒田久美

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.12.06更新

今年も残り1ヵ月を切りましたね!10月頃から少しずつ大掃除を始めようと思っていたものの、ほとんど手付かずのまま12月を迎えてしまい、少し焦っていますehe

今年の年末年始は帰省される方も多いと思いますが、引き続き感染対策を徹底し、十分気を付けてお過ごしくださいね。

 

さて、当院では年末は12月28日(火)午前中まで通常通り診療を行っております。年末に向けてご予約も埋まってきており、混み合うことが予想されますので、目の症状がある方は早めにご予約をお取りいただくことをおすすめいたします。なお、年明けは1月4日(火)からの診療となりますのでご了承ください。

それでは少し早いですが、皆さま良いお年をお迎えくださいnico

 

スタッフI

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.11.16更新

季節に反して暖かい日が続いていますが、たまプラーザ周辺の銀杏の木も黄色に変化し、秋が来たことを教えてくれます。コロナも少し落ち着きましたね。冬の足音も徐々に聞こえてきています。そろそろ、お肌の乾燥も気になり始めました。この時期は、お肌だけではなく目の乾燥にも注意して下さい。目も乾燥すると角膜炎などの疾患を引き起こすことがありますので、目のケアもお勧めします。気温の寒暖差に注意し風邪などひかないように、外出時にはマスクをしコロナにも対策しましょう。今年も残りあと1か月チョット。元気で新しい年を迎えられるよう気を付けましょうね。

 

staff N 

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.10.25更新

10月中旬頃から急に寒くなり、最低気温が10℃を切る日もありましたが、体調など崩されていないでしょうか。
緊急事態宣言が一度解除されましたが、コロナの第6波やインフルエンザの大流行も懸念されていますので、まだまだ気を抜けない状態が続きそうですね。

 

さて、去る10月10日は「目の愛護デー」でした。目の愛護デーの歴史は深く、はじまりは1931年に失明予防の運動として、10月10日を「視力保存デー」と定め、中央盲人福祉協会主催で毎年活動を始めたのがきっかけだそうです。そして、1938年からは9月18日を「目の記念日」としましたが、1947年に再び10月10日を「目の愛護デー」と定めました。
現在は厚生労働省が主催となり、全国で目の健康を促す活動がされたり、 目の関連企業や団体がイベントを開催したりしています。

 

これから乾燥する季節になりますので、目も乾きやすくなります。目のことで何かお困りのことなどございましたら、一度受診してご相談いただくことをお勧めします。

 

スタッフWni

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.10.02更新

10月に入りましたね。。

今年もあと3ヶ月となってしまいました。

もう秋です。

秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、そして紅葉の綺麗な時期でもあります。

何をしようか考えるだけでもワクワクしますねnico

感染対策をしっかりしながら楽しみたいものです。

 

そして、今月11日のスポーツの日の祝日は、今年はオリンピックのため7月23日に移動しましたので平日になります。

診療も通常どり行いますのでよろしくお願い致します。

 

スタッフY

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.09.13更新

東京オリンピック・パラリンピックが無事終わり、日中の蝉の鳴き声から夜の鈴虫の鳴き声に変わり、1日1日秋らしくなってきましたね。

コロナの状況は相変わらず、一時期の猛威より少し落ち着いたものの、比較的若い方の感染、陽性者の家庭内感染、自宅療養せざる負えない状況、亡くなる方の増加等と深刻さは増し、神奈川県では9月30日まで緊急事態宣言が延長されておりますが、シルバーウィークの連休明けにまた増えるのではないかと懸念しております。

 

そんな中、離れた両親とは以前より連絡を取り合う機会が増えました。今はLINEでのビデオ通話で子どもは楽しく会話しております。帰省できなくとも便利な時代になりましたね。遠出もできない中、夏は公園で虫探しに夢中の娘でした。

せみ

 

★受付だより★

【WEB予約について】

導入後2週間少し経ち、WEBでご予約下さる方も増えてきました。

・受診希望日の診療2日前(休診日を除く)まで

・午前9:30~/午後14:30~

・WEB予約には受診日のお返事のご連絡をしております

希望日のみ送信されても予約完了ではありません

・お急ぎの場合は診療前日までにお電話にて承っております

・当日のご予約はこれまで通り致しかねますが、予約の方の合間に診察をしておりますのでお時間に余裕をもってお越しください

※いま一度<予約についてのご案内>を確認頂いた上でWEB予約をご利用下さいませ。

 

日中と朝晩の寒暖差で体調を崩さないよう、今週も1週間元気にお過ごし下さい。

 

スタッフK ni

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.08.23更新

夏休みも終盤ですが、まだまだお子さんがたくさんいらっしゃいます。視力検査を希望される方が多いですが、今回は子供の夏風邪についてご紹介しますni子供の夏風邪には、手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱などがありますが、本日は目に関係のある咽頭結膜熱について少しお話しますね。

咽頭結膜熱とは、別名「プール熱」とも言われています。名前の通り、プールを介して流行することがあるのです汗6月頃から8月頃まで流行します。

症状としては、発熱、咽頭痛、結膜炎などが挙げられます。結膜炎に伴いかゆみや痛み、涙が多く出ることもあります。症状は一週間程度続きます。原因はアデノウイルスによるもので、感染経路は飛沫感染や接触感染があり、また、塩素濃度の管理が不十分なプールに入ることでも感染が起こります。

アデノウイルスは感染力が非常に強いため、徹底した感染対策が必要となります。コロナ禍で既に皆さん感染対策はされていると思いますが、マスクの正しい着用、手洗いや手指消毒、うがい、タオルの共用を避けるなどでアデノウイルスの感染防止にもつながります。また、目ヤニが出ていたら直接手で触らずに、ティッシュペーパーなどで拭き取ってくださいねlight bulbこのように結膜炎の中には感染力の強いものもありますので、症状がある場合は受診されることをおすすめします。

 

スタッフI

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.07.26更新

梅雨も明け、夏本番の季節となりました。

さて今回は当院の「患者さまの利便性向上のための取り組み」として、WEB予約を導入することになりましたので、これについてご案内いたします。

 

当院ではこれまで受診前日までのお電話でのご予約をお受けしておりましたが、今後ホームページからのWEB予約を開始いたします。

眼科の診療内容によっては診察や検査に必要な時間にかなりバリエーションがありますため、WEBでは第1〜第3希望までの日時をご登録いただきましたあと、内容を確認して最終的な予約日時をご連絡いたします。

このためWEB予約は診療日の2日前までとさせていただいております。

お電話での予約はこれまでどおり診療前日まで承っております。

お急ぎの場合はお電話でのご予約をお勧めいたします。

また視野検査/小児眼科(第1・第3月曜午後)/小児の調節麻痺薬使用の検査/手術(注射・レーザー・ものもらい手術等)/当院で初めてコンタクトレンズ処方をご希望の方(既ユーザー含む)につきましては、これまで通りお電話での予約のみ承っておりますのでお注意ください。

WEB予約はホームページ上の「当院のご予約について」→「ご予約はこちら」、から入力画面にお入りいただけますのでご利用ください。

スマホ画面では右下の「ご予約はこちら」からお入りいただけます。

今後も患者さまにとってお通いになりやすい取り組みを進めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

院長 酒田久美

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2021.07.12更新

雨の日が続いて憂鬱な気分になりがちですが、もう間もなく梅雨が明けそうですねflower
梅雨が明けるといよいよ夏本番となりますが、熱中症には十分お気を付けください。

 

さて、先日とある方から『めばちこ』という言葉を聞いて、ふと以前関西に住んでいた頃によく聞いていたなと懐かしく思いました。
医学的には霰粒腫・麦粒腫と呼ばれるもので、関東の方では『ものもらい』と言うことがほとんどだと思いますが、地方によって『めいぼ』『めもらい』など様々な呼び名があるそうです。
症状としてはまぶたにある脂腺や汗腺に細菌感染が生じてしこりが形成され、痛みや発赤、腫れを伴い、重症な場合はまぶた全体が赤く腫れることもあります。
治療は抗菌薬や消炎剤の点眼や内服が主になりますが、それらの治療で改善しない場合や大きいものの場合は切開手術をすることがあり、当院でも多数行っております。
再発を繰り返す、なかなか治らないなどお困りの方はもちろん、些細な症状でも構いませんので、お気軽にご相談ください!

 

スタッフW

投稿者: たまプラーザ南口眼科

前へ
たまプラーザ南口眼科
  • 診療時間9:30~12:30/14:30~17:30休診日氺曜・土曜午後・日曜・祝日※土曜は13:00まで診療045-911-5757
  • アクセス・診療時間
  • top_spimg_20.png
  • ご予約はこちら