医院ブログ

2019.04.27更新

新緑が色鮮やかにうつる季節となりました。

当院は5月1日で開院4周年を迎え、「医療法人輝風 たまプラーザ南口眼科」として再出発いたします。

この日を迎えることができますのも、いつもご来院くださる患者さまやご家族さま、支えてくれるスタッフや関係者の皆さまのおかげと心より御礼申し上げます。

外来混雑時の待ち時間の問題などで患者さまよりお叱りを受けることもあり、まだまだクリニックとしていたらない点がございますが、当院の診療理念である、常に患者さまを中心にしてできうる最大限の技術と心遣いで診療をおこなえるよう、今後も謙虚な気持ちで精進してまいりたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

当院は春より視能訓練士を増員し、小児眼科の専門外来(毎週月曜午後)も併設しております。

幅広い年代の患者さまの目の疾患をより詳しく診療できる体制を整えておりますので、目のことでお困りのことがございましたらどうぞご相談ください。

 

院長 酒田 久美

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2019.04.22更新

4月も下旬に入りました。もうすぐGWですね。

そして、5月1日より「令和」になります。

「平成」から「令和」へと時代が変わる歴史的な日を祝して、色々な所で特別イルミネーションやイベント、記念メダル、乗車券など沢山の事が予定されているそうです。楽しみですね。

皆さんも何か考えていますか?私も何か記念に買おうかと考えています。

 

そして、当院は4月28日(日)〜5月6日(月)まで休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承下さいますようお願い致します。

 

スタッフY

 

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2019.04.04更新

桜の満開を少し過ぎ、花吹雪舞う季節になりました。

新年度や新学期をお迎えになられ、気分も新たにご活躍のことと存じます。

 

当院でも4月より新しく、小児眼科の専門外来をオープンいたしました。

たまプラーザや近隣のあざみ野、鷺沼などは、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭が多い地域です。

実はお子さまの目の疾患は多様であるものの、目の異常は外見ではわかりにくく、自分で訴えることもできないため、見過ごされやすいのが現状です。

 

当院では新しい時代を担う小さいお子さまの目を守るべく、専門的な診療をおこなえる準備をしてまいりましたが、このたび毎週月曜午後に、小児眼科を特に専門的に診療する外来を開設することになりました。

東京大学や順天堂大学の小児眼科や斜視外来を担当されている女性医師が小児眼科外来を担当しますが、月曜午後以外でも院長の酒田が診察させていただきます。

また、当院では視能訓練士という国家資格を有する専門スタッフが複数名常勤しておりますので、充分時間をかけて、丁寧に検査を行います。

 

お子さまの緊張や不安を取りのぞくように、医師やスタッフが配慮し、「こわくない」「笑顔で帰れる」診療を心がけております。

お子さまの目で気になる症状がございましたら、どうぞお早めにご相談ください。

ご予約はお電話でお受けしております(診察前日までの予約が可能です)。

 

院長 酒田久美

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

たまプラーザ南口眼科
  • 診療時間9:30~12:30/14:30~17:30休診日氺曜・土曜午後・日曜・祝日※土曜は13:00まで診療045-911-5757
  • アクセス・診療時間
  • top_spimg_20.png
  • アクセス診療時間