医院ブログ

2018.06.25更新

突然ですが、私の趣味はプロ野球観戦です!この時期は雨天中止が多いですねtears

子供がまだ小さいので、去年、今年は球場には行けておらず、テレビ観戦していますun早く子供にユニフォームを着せて一緒に応援に行きたいですglitter

 

スポーツ観戦がお好きな方!試合会場で、あれ…見えにくい!眼鏡が合っていないかも!?と気づく方もいらっしゃるのでは?もちろん、スポーツ観戦だけでなく、映画鑑賞やゴルフ、コンサートなどでもlight bulb

当院では眼鏡処方やコンタクトレンズ処方を行なっておりますので、もっと遠くを見たい!目が疲れる…などご要望や気になることがありましたらお気軽にご相談くださいね。

 

スタッフI

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.06.18更新

今日も午後から雨、すっきりしない梅雨空ですねrain

昨日の晴れ間がもう恋しいです。

 

梅雨時期には毎年、食中毒のニュースを耳にすることが多くありませんか?

一般的に菌は高温多湿を好むので、この時期は菌やカビが繁殖しやすいんですtears

カビは真菌といわれる微生物の一種ですが、真菌は眼にも感染することがあり、今回はその「角膜真菌症」についてお話ししたいと思います。

 

角膜とは黒目のことです。

眼にゴミが入ったり、コンタクトレンズの不適切な装用などで角膜にできた傷に真菌が入り込むことで感染することが多いです。

その症状は眼通や充血、視力低下、黒目の白濁などで、治療には点眼や内服などが使用されますが、症状が重い時には入院が必要とされます。

角膜混濁が残った場合、角膜移植手術が検討される場合もあります。

 

特に木の枝などの植物が眼に入った時は感染の感染の注意が必要です。

早めの治療が大切な眼病なので、痛みなどが症状が無くてもすぐに受診してくださいねglitter

 

スタッフM

 

 

 

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.06.11更新

6月に入り、とうとう梅雨入りしましたね。

当院では、引き続きはやり目(流行性角結膜炎)の症状の方が毎日多く来院されています。

はやり目(流行性角結膜炎)は、大変強い感染力を持っているので、ご家族で同じような症状になったといらっしゃる方が大変多いです。

時々、同じ症状だから目薬を借りて使ったとおっしゃる方もいるので、この機会に正しい目薬の差し方について簡単にお話しさせて頂きます。

・他の人の目薬は使わない。

・目やまつ毛・まぶたに触れないようにする。

・一度に何滴もささない。

・目薬を入れた後、すぐパチパチと瞬きをしない。

・2種類以上の目薬を処方された場合は、1種類を点眼してから5分以上おき、次の目薬をさす。

 

正しい差し方を理解して頂くと、目薬の効果が十分に発揮されます。

何かわからない事があれば先生やスタッフに気軽にご相談下さいね。

 

スタッフY

 

投稿者: たまプラーザ南口眼科

2018.06.04更新

おはようございます。今日も快晴、暑くなりそうですね。

そんな晴れ間もつかの間、間もなく梅雨入りのシーズン。今日は梅雨時期に起こる目の症状についてご紹介します。

花粉症の時期も落ち着いたのに、未だ目のかゆみに悩まされている方…それはアレルギーによる結膜炎かもしれません。アレルギー性結膜炎の症状は、

・目のかゆみ

・目の充血

・涙が止まらない といった症状などがあります。

これからの季節エアコンを使うようになりますが、そのエアコンにカビが繁殖していたり、埃にダニが繁殖していた場合は、そのエアコンを使うことにより症状が引き起こされることもあります。アレルギーを引き起こす原因、カビやダニ、埃などを除去することが大切です。梅雨時には気温も湿度も高くなりいつも以上に掃除に気を配り、アレルギー性結膜炎にならないような環境を作ることも大切です。

※当院ではアレルギー検査(イムノキャップラピッド)を導入しております。詳しくはこちら→(アレルギー検査(イムノキャップラピッド)を導入しました)http://www.tamapla-ganka.com/blog/2018/02/post-14-570720.html

暑さや湿度によるジメジメで体力も落ちてくる時です。食事、睡眠、適度な運動で今週も1週間元気にお過ごし下さい。

 

スタッフK

投稿者: たまプラーザ南口眼科

たまプラーザ南口眼科
  • 診療時間9:30~12:30/14:30~17:30休診日氺曜・土曜午後・日曜・祝日※土曜は13:00まで診療045-911-5757
  • アクセス・診療時間
  • top_spimg_20.png
  • アクセス診療時間