医院ブログ

2021.10.25更新

10月中旬頃から急に寒くなり、最低気温が10℃を切る日もありましたが、体調など崩されていないでしょうか。
緊急事態宣言が一度解除されましたが、コロナの第6波やインフルエンザの大流行も懸念されていますので、まだまだ気を抜けない状態が続きそうですね。

 

さて、去る10月10日は「目の愛護デー」でした。目の愛護デーの歴史は深く、はじまりは1931年に失明予防の運動として、10月10日を「視力保存デー」と定め、中央盲人福祉協会主催で毎年活動を始めたのがきっかけだそうです。そして、1938年からは9月18日を「目の記念日」としましたが、1947年に再び10月10日を「目の愛護デー」と定めました。
現在は厚生労働省が主催となり、全国で目の健康を促す活動がされたり、 目の関連企業や団体がイベントを開催したりしています。

 

これから乾燥する季節になりますので、目も乾きやすくなります。目のことで何かお困りのことなどございましたら、一度受診してご相談いただくことをお勧めします。

 

スタッフWni

投稿者: たまプラーザ南口眼科

たまプラーザ南口眼科
  • 診療時間9:30~12:30/14:30~17:30休診日氺曜・土曜午後・日曜・祝日※土曜は13:00まで診療045-911-5757
  • アクセス・診療時間
  • top_spimg_20.png
  • ご予約はこちら